ここがポイント!母子家庭の賃貸契約

ここがポイント!母子家庭の賃貸契約

賃貸の新築物件と家賃交渉の話

新築物件で家賃交渉をしようという人がいると思います。立地条件や入居状況を見てみて交渉の余地があるのではないかと考える人もいると言えます。しかしながら新築物件で交渉するのは難しいと言えます。それは建てたオーナーとしては採算が取れるラインで家賃設定をしていますのでいきなり新築で賃貸の家賃を下げるというのは難しい話です。仮に入居率が悪い状態でもいきなり家賃を下げるという形にはなりにくいものです。

また立地条件が悪いから交渉の余地はありそうだと思っても、オーナーとしてもそれを加味して家賃を出していますので交渉の材料にはなりにくい部分です。ただし新築物件でも人が来ないという場合はオーナーの心情としては多少は焦る気持ちは出てきます。これは事実だと言えます。そこで敷金、礼金などを安くしてもらう交渉は有りだと思います。そういう形であればオーナーとしても納得がいきますし安くしてもらいやすいです。

ただし人気物件の場合は当然オーナーの方が強いですので交渉は難しいでしょう。言い値で全て決まる感じですので交渉したいのであれば不人気な新築物件ということになると思います。新築にこだわりたいのであれば、人が余り使っていないちょっと新築から時間が経過した物件を探すということも有りなのではないでしょうか。

関連記事



Copyright(c) 2021 ここがポイント!母子家庭の賃貸契約 All Rights Reserved.