ここがポイント!母子家庭の賃貸契約

ここがポイント!母子家庭の賃貸契約

新築でも入り方で家賃の違う賃貸物件

新築物件を賃貸契約をする時には長期に住むことを考える人も多いですが、住んでいる間に、同じランクでありながら、隣の入居者と家賃の額が違うことを知り、腹が立ったという人がいます。その違いは、新築で住み続けている人と、既に誰かが使った後に住んでいるかの違いなのです。新築から住んでいる人にとっては、同じ年数のものに違いないのにと腹立たしく思い、新築だからとずっと住まうことに馬鹿らしくなったりもします。そんなことを聞いていた私の友人ファミリーは、新築よりも築の浅い物件で、人気のあるところを見つけることにしました。

人気のある所は、空室もなかなかできませんし、新築を予約契約する方が、ずっと簡単なのですが、毎月の家賃に数万円の差ができますから、時がかかってもよいという思いで、不動産会社に常に新しい情報の提供をお願いしていました。見つけるのに半年はかかったようですが、新築から数年で、一度入居された後の物件を見つけて、お得に住まうことができました。中古になっていても、前の住人が数年で出ている場合、1年点検や2年点検できれいになっていますから、前の住人の跡は全く無く、新築同様です。慌てて探しているのでなければ、それでも良いと思います。

関連記事



Copyright(c) 2021 ここがポイント!母子家庭の賃貸契約 All Rights Reserved.