ここがポイント!母子家庭の賃貸契約

ここがポイント!母子家庭の賃貸契約

新築一戸建ての賃貸の注意点

新築一戸建てでいきなり賃貸物件として広告などに掲載される物件があります。それを見ると良さそうだけど、何か問題がありそうだとも思ってしまいます。しかし実際のところ、そういう物件は物件自体に問題を抱えている訳ではなくて、それを建てた人に不意の問題が発生したから貸し出されていると考えて良いでしょう。不意の問題とは、例えば新築で建てた直後に転勤が決まったという場合です。民間企業であればこういったケースは当然考えられますので普通にあることです。

そういった場合にはいきなり売却しようとする人もいますが、不動産はそれほど動きが良いものではないので売れないということが多いです。また売る側としては高く価格を設定してしまうことが多いです。新築物件を売却する場合は思ったよりも市場評価は低くなりがちです。要するに売る人と市場との温度差や評価のかい離が大きいということなのです。そういうことで賃貸として貸そうということになりがちですので、新築で訳有りでもなくいきなり貸しに出されるという場合はあります。借りる側としては新築なので住みやすい物件だと思います。

ただそういったところに住むのは気が引けると感じる場合は止めておいた方が良いかもしれません。事情を知りたいという人は仲介業者の人に聞いてみるとある程度の情報は教えてくれると思います。スッキリして住みたいという場合はそれも有りでしょう。

関連記事



Copyright(c) 2021 ここがポイント!母子家庭の賃貸契約 All Rights Reserved.