ここがポイント!母子家庭の賃貸契約

ここがポイント!母子家庭の賃貸契約

新築物件の賃貸には入居前の点検が大事

新築物件の賃貸は、2年間は傷をつけないように住まなければならないということを知って入居する人は、そんなことは常識だと言いますが、入居前の点検を怠ったり、引越業者が仕事を済ませた後の確認を適当にしてしまい、自分たちがつけたのではない傷について、1年点検で修理代を支払ったということになる人達が少なくないようです。他人がつけたことに対する修理代を支払うこと、また退居までにまだまだ傷をつけることはあるだろうのにという気持ちで、腹を立てながら支払いをしたという経験者も随分といます。新築物件で住まいすることの注意点の一つである傷をつけない生活は大事なのですが、入居前の傷に敏感になることも非常に大事なことです。

折角、新築にこだわりを持って住むのですから、管理者の最終点検を信じないで、もう一度入居前に自分たちで点検を行い、気になるところはすぐに管理者に知らせて確認をしておいてもらうことです。できれば、入居前に修復をしてもらう方が良いでしょう。そして、引越業者の仕事終了時のスタッフの代表と一緒に行う確認もしっかりとしておくことが大事です。業者が帰ってから後に発見しても無効となります。それを怠った場合は、いくら自分がつけた傷でなくても仕方が無いことです。

関連記事



Copyright(c) 2021 ここがポイント!母子家庭の賃貸契約 All Rights Reserved.