ここがポイント!母子家庭の賃貸契約

ここがポイント!母子家庭の賃貸契約

学生が賃貸を利用で仕送りはいくらが多いか

高校の時は特にお金に困ることなく生活ができます。公立の学校であれば授業料はかかりません。食事は自宅で出してもらえますし、昼食はお弁当を持たせてもらえます。塾に行ったりするお金にしても、家から出してもらうことになります。その上お小遣いをもらうこともあります。毎月数千円ぐらいになるでしょう。得に買うものもありませんからそれでも十分やっていくことができます。自分にお金が入ってくることも出て行くこともあまりないのです。

大学生で自宅から通っていれば、高校と同じような生活のこともあります。でも、賃貸物件を利用して一人暮らしをするとなると、それなりにお金を必要とします。賃料に関しては、親が払ってくれますから特に支払いに関わることはありませんが、生活のための費用については、自分で支払うことになります。このお金としては、親からの仕送りがあります。これは最低限生活できるお金です。これ以上必要な場合は、自分でアルバイトなどをするのです。

仕送りの金額としては、5万円ぐらいが多いようです。支出の大半は食事代になるでしょう。1日千円としても1箇月で3万円かかります。後2万円でやりくりすることになります。携帯電話を利用したり、インターネットを利用するとそれでオーバーしてしまいまそうです。

関連記事



Copyright(c) 2021 ここがポイント!母子家庭の賃貸契約 All Rights Reserved.